2021年04月05日

2021年度の新入生ガイダンスが無事に終了しました。

4月2日は教職大学院のガイダンスディでした。
まず、午前中に在学生向けのガイダンスを実施。
新専攻長の寺川先生からご挨拶いただきました。
13890329152860.jpg

4月2日の午後からは
2021年度新入生のためのガイダンスを実施しました。
本山研究科長(学部長)からのご挨拶で開始。
13890329145019.jpg
大学院の基本的な仕組みや履修登録について
説明が行われました。

後半は、新入生の自己紹介、大学院教員の自己紹介、在学生の自己紹介を
行いました。
教室のキャパの関係で、密を避けるため、新入生のいる教室と
教員たちの研究室、在学生のいる院生室とzoomでつないで自己紹介し合いました。

最後に、昨年度の「特別活動」の授業で、院生たちと植えたお花の前で
記念撮影会を行いました。
13890329121746.jpg
昨年度、院生たちと一緒に植えたお花はきれいに咲いて
南垣内先生と在学生で、写真撮影用に花壇を整えてくれました。
13890329105306.jpg

記念撮影の時以外は、マスクを外せない春ですが
これから2年間、一緒に学習を深めていきましょう!
13890329092817.jpg
入学おめでとうございます。
posted by 和歌山大学教職大学院 at 00:00| 活動報告

2021年03月17日

院生室の靴箱を作りました!

大学院が5階フロアに引っ越してきてから、早半年
授業も終わって、ゆとりができたので、
有志の院生たちと靴箱を作りました。

南垣内先生が、事前に靴箱用に木材を切って
ネジ穴を開けておていくださいました。
(つまり、準備は万端で、組み立てるだけに!)
IMG_0819.JPG
木工ボンドと釘で中板をつけて
組み立てていきます。
IMG_0822.JPG
釘を打つのに慣れていなかった院生たちも
徐々に板についてきました。
そして
使用している板は、もともと大学院棟があった時代に、
床板にしていたものを再利用しています。

わいわい言いながら、完成!
IMG_0824.JPG

立派な靴箱が完成しました。
これで、新入生も院生室を便利に利用できますね。
南垣内先生、有志の院生の皆さん、差し入れをくださった谷尻先生、
皆さんありがとうございました!!

posted by 和歌山大学教職大学院 at 12:09| 活動報告

2021年03月06日

第4回 教師力高度化フォーラムの開催

3月6日は、教師力高度化フォーラムを開催しました。
今年はオンラインで実施しました。

午前中は、学校改善マネジメントコース、スペシャリストコース、特別支援教育コースの3コースの修了生による
修了研究報告会を実施しました。
全体会の後、3つの部会に分かれて修了生がそれぞれの研究成果について発表しました。

COVID-19感染症の影響で、思うように研究を進められなかった方もいたかもしれませんが
それぞれの現任校で、1年目に設定したテーマにそって
実践した成果をまとめていました。

(分科会の様子を画面で見るとこんな感じ)
IMG_0808.PNG
コーディネーターの様子
IMG_0798.JPG

午後からは、
初任者研修履修プログラムの成果報告会が行われました。

IMG_0800.JPG

こちらもオンライン実施ですが、
司会者の貴志先生と発表者の2名は質疑応答に対応するため、
大学院にてオンラインをつなぎました。
IMG_0801.PNG

少しだけ接続のトラブルがありましたが
概ね順調に進行されました。

オンデマンドで発表映像を見た後に、
質疑応答をオンラインで実施しました。
IMG_0805.JPG
チャット機能を使ってのコメントや質問は
みんなの前で発表するよりもハードルが低いのか、
普段よりも質問がたくさん寄せられたように感じました。
IMG_0807.JPG
司会の貴志先生の取り回しが非常に上手なので、
発表を聞いている授業実践力向上コースの院生たちにとっても
非常に勉強になったのではないでしょうか。

この成果報告会をもって、今年度の初任者研修履修証明プログラムは終了となりました。
受講生の皆さん、1年間、お疲れさまでした。
プログラムの受講生10名は、次年度は2年目のフォローアップ指導を受けます。

本日の教師力高度化フォーラムは
初めてオンライン・オンデマンドで実施しましたが
無事に終了することができました。

今年度は、COVID-19感染拡大の影響によって
例年とはまったく異なる新学期から始まり、
現職院生も初任者も、(もちろん、大学院生も大学教員も)
その後の教育活動に、大きな変更や修正を余儀なくされる場面が多々あったと思います。
消毒や検温といった雑務が増え、ペアワークや話し合い活動が制限されるなど
教育活動の質をどのように確保していくのか、見直しを迫られたり、
社会全体が大きな不安感に苛まれ、心の健康を保つための努力をいつも以上に求められたり、
周囲の子どもや大人の心の健康にも気遣う必要があったり、
多くのことを考慮に入れながら日々の活動をこなしてきた1年間だったと思います。

しかし一方で、
昨年度では考えられなかったほど、PCの機能やオンライン・オンデマンドでの教材研究を進め、
新たな授業の手法や、研修の可能性についても気づけた1年でもありました。
また分散登校から始まった新学期は、子ども1人1人と丁寧に向き合いながらゆっくりと学校に慣らしていく必要性や
学習活動の中での協同の重要性に気づくなど、得られたこと・再認識できたことも多かったと思います。

今日のフォーラムで発表してくれた皆さんも
この1年間で多くのことに気づき、学びを深めてきたことと思います。
この学びを、明日からの教育実践に活かしてほしいですし、
今日の発表内容を次の土台として
今後も学び続けて、さらなる成長を目指してほしいというのが
我々、大学院の願いです。

最後に、フォーラムにご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
今後とも、和歌山大学教職大学院の活動に、ご指導とご協力をいただけますよう
よろしくお願い申し上げます。




(ブログの最後の更新のような終わり方ですが
まだまだ継続更新していきますので、ご安心ください。)



posted by 和歌山大学教職大学院 at 15:54| 活動報告