2019年09月26日

課題分析の時間に模擬授業を行っています。

第3クォーターの授業実践力向上コースの「課題分析」の授業は
小規模校実習への準備も兼ねて、小学校を想定した模擬授業を実施しています。

先週は、理科の授業を想定して模擬授業をしてくれました。
10633472509082.jpg
距離が離れていても磁石にくっつくかどうかを実験してみてせてくれました。
10633472540478.jpg

今日は、小3の算数の授業「円と球」です。
10633459490684.jpg
導入として玉入れゲームを想定しています。
10633459508067.jpg

院生たちが、この模擬授業のためにかなり準備をしていることがわかります。
そして、
模擬授業を重ねていくことで、
小学校で必要な丁寧な指導の方法や所作だけでなく、
教科の本質が理解できていないと、小学校で教科を指導することは非常に難しいことも
体験的に理解してきているようです。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 09:41| Tコース

2019年09月21日

実習生の授業も進歩してきました

9月2日から、授業実践力向上コースの2年生と、授業実践力向上コースの免許状取得プログラムに所属する院生が実習を実施しています。
担当教員の指導のために、同じ実習校にお願いしている場合が多いのですが
そのうちの1校に実習指導訪問に行ってきました。

まず
免許状取得プログラムの1年生の理科の授業を参観
発生した気体が何かを考えさせる授業でした。
まず、班ごとに気体を発生させます。
IMG_7438rep.jpg
そして発生した気体の特徴から
その気体が二酸化炭素なのか、酸素なのか考えるという構成です。
IMG_7446rep.jpg
ちょっと説明が早口だったり、
まとめの丁寧さがほしいところもありましたが
落ち着いて授業ができていました。

次に、授業実践力向上コース2年生の社会科授業を2本参観しました。
まず、中学校2年生の地理の授業の様子
IMG_7454rep.jpg
教材をたくさん貼って、なるべく視覚的にも理解が進むように工夫しています。
導入に実物を持ってきて生徒の興味を引き、
テンポよく説明しながら進めている、さすが2年生という授業でした。
今日のめあてとまとめが一致するとよりGOODでしたね。

最後に、3年生の公民の授業も参観しました。
IMG_7458rep.jpg
こちらはパワポを使用して、視覚的に示しながら
新しい権利について学習していました。
落ち着いて、生徒の反応を拾いながら進めていました。
実習生の具体的な例には生徒たちが食いついて、よく聞いていました。
こちらもまとめが少し弱いので、最後にしっかり学習内容の定着をはかるまとめができると
よりGOODでしたね。

総じて、実習生は授業の「まとめ」をする力が弱いという結論に至りました。
今後の指導に生かしていきます。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 11:00| Tコース

2019年09月20日

学校安全を促進するための現職教育を想定した模擬授業の実施

本日が「学校安全と危機管理」の集中講義の最終日でした。
今日はグループごとに
学校安全に向けた現職教育(教員の研修)を模擬的に実施しました。

@安全水泳(着衣水泳)の指導方法
IMG_2279.JPG

IMG_2285.JPG
A感染症(ノロウイルス)対策
IMG_2299.JPG

IMG_2304.JPG
B授業中の事故(理科実験・観察)
IMG_2309.JPG


Cエピペンの使用方法
IMG_2317.JPG

IMG_2326.JPG

IMG_2319.JPG

どのグループも学校現場で生じうる事故を想定して
現職教育の中で、教職員同士がどういった点を注意して対応すべきかを考えるため
研修の内容を練ってしました。

こういうグループワークを通して
現職院生は、現職教育の中で初任者や若手教員の成長を促しつつ、
学校全体の事故を防ぎ、安全性を保つことの重要性を体験的に学習しています。
また、
学卒院生は、現場に入るとこういった校内研修があるという基本的な知識を得つつ、
学校内で安全性を保つためには教職員の協力が不可欠だと
体験的に理解していきます。

院生たちは皆、真剣に取り組んでいました。
現場でも実際に活用できる現職教育のプログラムができましたね。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 17:53| 授業(TとM共通)