2019年06月24日

授業実践力向上コース2年目の修了研究の指導

授業実践力向上コース2年生は、4・5月に実習に行った成果をもとに
6月7月は大学院で学習しながら、実習を振り返り、
修了研究に向けて次の9月の実習に準備していきます。

そのための指導が、金曜日の午前中にありました。(第2クォーター)
この日は、豊田先生による「データの収集と分析の方法」についての授業を受けました。
IMG_6624.JPG

論文や本にも載っている分析方法について学習し
院生たち自身の実践をどのようにデータ化して分析できるか考えました。
IMG_6626.JPG

これから、データの収集や分析方法にも注目して先行研究を見ていくことになります。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 12:00| Tコース

2019年06月17日

若手教員の校内研修を支援している事例を参観させてもらいました。

第2クォーターからは「若手校内研修への支援」という授業があります。
スペシャリストコースと学校改善マネジメントコースのT年生が履修しています。
6月14日(金)の午後は、
若手教員の研修を校内で行なっている実践として
有田川町立藤並小学校の実践を参観させていただきました。

藤並小学校では、この取り組みを3〜4年ほどやってきているということで
今年は初任者はいないのですが、
2年目の教員の指導のために、
5年目の先生が授業を公開してくれました。
IMG_6316rep.jpg
参観は、2年目や若手教員だけじゃなく、
空き時間の先生も参観に来ていました。
また、全時間ではなくても、見に来れる時間だけ抜けて参観している先生もたくさんおられました。
IMG_6317rep.jpg

授業後は、2年目教員とコーディネーターの先生、全時間見てくれたベテランの先生と
限られた人数でカンファレンスを実施します。
教職大学院2年目の現職院生も現任校が藤並小学校なので、一緒にカンファレンスに入っていました。
IMG_6344.JPG
話やすいように、あえて少人数に絞っているそうです。

カンファレンスの終わった後に、お時間をいただき、
取り組みについて、校長先生、コーディネーターの先生、現職院生に
質問させていただきました。
IMG_6347.JPG
院生からも多くの質問がでました。

初任者や若手教員を育てるために、
校内で独自のシステムを作って研修を行なっている
非常に画期的な実践を参観させてもらえて、大変勉強になりました。
システムを構築した校長先生のリーダーシップもあり、
コーディネーターの中堅教師が雰囲気よく運営していく力量もあり、
若手の先生方が聞きやすい、質問しやすい会になっているなと感じました。

現職院生たちにとって、とても上手にシステムを構築している実践として
非常にいい機会となりましたね。




posted by 和歌山大学教職大学院 at 08:00| 現職院生の授業

2019年06月11日

今日の全体ミーティングは盛りだくさんでした!

火曜日の朝は全体ミーティングを行なっています。
新しく作られたKSD通信が配布され、授業実践力向上コースのT年生の院生たちの
夢について特集を組んでくれました。
IMG_6483.JPG
代表して一人、夢について解説してくれました。

その後、
先日の大雨警報のための補講について連絡があったり、
富田先生からビデオメッセージを上映しました。

今日のお話は、藤本先生の担当でした。
IMG_6484.JPG
お話にも「めあて」を設定してくださいました。
IMG_6487.JPG
めあては「親とはどのようなもの」です。
先生の親御さんが、戦時中に和歌山市内を焼き尽くした空襲を経験されたこと。
戦後、お父さんの肩車で力道山の活躍を街灯テレビで見たこと。
そして、野球のリトルリーグで全国優勝して、アメリカで行われる世界大会にでることになったこと。
アメリカまで当時100万円くらいかかるところを、寄付等を差し引いて一人50万円用意するように言われたこと。
その当時のお父さんの月収が2万5千円だったところを、
なんとかして行かしてやりたいと親戚中から集めて工面したこと。
当時、ペンシルべニアへ直行便の飛行機はなく、ハワイとロサンジェルスを経由してペンシルべニアまで行ったこと。
アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアといった世界の子どもたちと野球で戦ったこと。
そして、優勝したこと。
このとき、藤本先生は13歳だったそうです。
IMG_6489.JPG
費用のことは、親御さんの晩年に聞いたそうです。
このお話のまとめは、
「生きているうちに大切にしよう」でした。

めあてとまとめがあったので、
お話のスケールが大きくても、藤本先生の伝えたいことがはっきりしていました。

朝からビックリの、とてもいいお話を聞かせていただきました。
藤本先生、ありがとうございました。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 11:14| 活動報告