2021年06月30日

現職院生の授業も対面実施が開始しました。

学校改善マネジメントコース1年生とスペシャリストコース1年生の合同の授業である
「生徒指導と体制」も対面実施となっています。

本来であれば、授業実践力向上コース2年生も一緒に受講するのですが
「授業実践実習A」の開始が
緊急事態宣言の解除後にずれ込んだため、
別日で補講となったため、この日は一緒に受講せず。

14316291787499.jpg
事例について、グループで話し合いました。

14316291731118.jpg
KJ法で整理して、発表して共有。
14316291767469.jpg

なかなかオンラインだと全体を把握しながら進行するのが難しいので
対面でやるとグループでの話し合いがどう進んでいるのか
教員側も把握しやすいし、助言を入れやすいので
この授業のように
対面のよさを生かした授業をデザインしていきたいですね。

posted by 和歌山大学教職大学院 at 16:00| Mコース

2019年11月08日

学校改善マネジメントコース2年生の活躍

学校改善マネジメントコースの2年生は、1年目に設定した研究テーマについて
現任校で勤務(実習を含む)を行いながら研究を進めています。

11月に、彼らの研究テーマに関わる研究発表会が行われました。
研究主任として、全体会で校内研究について説明していました。
IMG_2242.JPG
その後、教室にて実践を公開。
IMG_2243.JPG
近畿の研究会だったので、近畿圏から多くの先生方が参観に来られていましたが
子ども達は一生懸命発表していました。

もう一人の院生も、分科会で実践報告を行いました。
IMG_2235.JPG

2人とも昨年度に計画した研究テーマについて
ここまで実践を積み重ねてきたことが
非常によくわかる発表でした。

修了報告書の報告会が楽しみです!
報告会は2020年3月7日(土)に実施されます。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 18:00| Mコース

2019年10月09日

学校改善マネジメントコース2年生の訪問指導の様子

学校改善マネジメントコースは、1年目は大学院で基礎的なことを学習しますが
2年目は現場に戻って勤務をしながら、1年目に設定した課題を追究します。
大学院の教員は、2年生の現場を訪問して、指導を行います。

現職院生の授業を参観して、
IMG_7612rep.jpg

空き時間や放課後に指導を行います。
IMG_7619rep.jpg

IMG_7621rep.jpg
今年の授業づくりには、
1年目に大学院での様々な授業で学んだことを生かして、取り入れて、工夫できるようになったとのこと。

彼の研究課題である、現職教育の充実に関する学びだけでなく、
授業力の向上にもつながる学びが
大学院での1年目でたくさんあったようですね。

院生が、半具体から具体へと説明の仕方を変えた瞬間に、
授業を受けている子どもたちが、
「あー!そういうこと!」と一斉につぶやいたのが
とても印象的な授業でした。

posted by 和歌山大学教職大学院 at 11:00| Mコース