2021年07月15日

模擬授業とその協議を重ねています

授業実践力向上コースの1年生の授業「課題分析」では
模擬授業を実施しながら、
授業実践力について、自分の課題を見つめ、改善していくようにしています。

14395847376693.jpg
まだ、20分ずつの模擬授業ですが
45分(中学校は50分)の授業を見通して、計画をたて、準備して
授業を実践していきます。
14395847395833.jpg
児童役も少しずつ板についてきました。

そして、授業後は、院生同士でまず協議を行い、
お互いの授業について、どこがよかったのか、どこが改善点なのか
話し合いました。
14395847368428.jpg

その後、教員による指導助言があります。
14395847351507.jpg
教材を準備するときの視点や、指導時に気を付けるべきことなど
院生同士では気が付かなかった点について
アドバイスを受けます。

院生たちには、自分の授業力について、
評価シートに自己評価をつけながら
少しずつレベルアップしていってほしいです。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 10:20| Tコース