2021年10月11日

和歌山市断水のため、オンライン授業

金曜日の午後の授業は、「小規模校支援」の授業でした。
学校改善マネジメント、スペシャリスト、授業実践力向上の3コースが受講していますが
水道橋崩落の影響で和歌山市が断水しているため、
オンラインにて実施しました。

この日は、ゲストティチャーによる
「小規模特認校の学校づくりと学校運営」の講義でした。
14878246131930.jpg
元校長先生が、小規模特認校の経験について
語ってくださいました。

せっかくのゲストなのに、オンライン・・・・悲しいですが、仕方ありません。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 10:00| 授業(TとM共通)

2021年10月09日

「能動的学習の実践的研究(ICT活用)」の授業でも附属に行きました

学校改善マネジメント、スペシャリスト、授業実践力向上の3コースが履修する授業「能動的学習の実践的研究(ICT活用)」の授業でも附属に行きました。

まず、附属小学校の研究主任の先生にお話をお聞きしました。
14865573824883.jpg

そして、ICT担当教諭にもお話をききました。
14865573855498.jpg

ちょっと「能動的」な要素が少なかったので、
その後、グループで話し合い活動・・・
14865573847027.jpg

教職大学院用の教室ができてから、早半年。
やっとその教室が活用されて、よかったです。
授業実践力向上コースの院生は、初めて附属学校に行ったという人もいたようです。

後期からは、可能な限り、附属と連携した授業もやっていきたいと思います!!

posted by 和歌山大学教職大学院 at 12:00| 授業(TとM共通)

2021年10月08日

「授業研究の理論と実践」の授業で附属小学校を参観

現職院生が受講する「授業研究の理論と実践」では、
附属小学校を参観し、協議を行いました。

まず5年生の算数の授業を参観。
IMG_2023re.jpg

そして、5・6年生の複式学級の国語の授業を参観しました。
IMG_2031re.jpg

その後、教職大学院用の部屋を1つ準備してもらっているので
その教室で2つの授業について協議を行いました。

複式授業を初めて見たという院生もいて
「複式の授業の見方がわかならかった」という意見も出ました。

授業について、協議が白熱(?)して、授業時間をオーバーしてしまいましたが
コロナ感染者数が少し落ち着いて、実際に授業が参観できて
ホッとしました。
やはり生で見る授業はいいですね。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 15:39| 現職院生の授業