2018年06月29日

グループでの学びを学校安全にも生かすために

第2クォーターの木曜日の午前中は、
学校改善マネジメントコース1年生を対象とした「学校安全と危機管理」の授業でした。
この日は、防災教育についての現職教育を想定して
グループに分かれて話し合う活動を実施しました。

SWOT分析という戦略策定のためのフレームワークを使用して
(「強み(Strengths)」と「弱み(Weaknesses)」、そして取り巻く外部環境である「機会(Opportunities)」と「脅威(Threats)」、以上4つのカテゴリーに大別して整理するフレームワークこと)
防災教育のあり方について考えました。

そして、グループに分かれて
イメージマップを作り、現状・実態や今後の取組などをまとめました。
把握しやくなりましたね。
IMG_1195.JPG

IMG_1196.JPG

災害に対応していくためには、防災について管理職だけが理解しているのでは不十分で
教職員全体で理解し、児童生徒にも理解を促す必要性があることも
わかってきました。

IMG_1193.JPG

また、この授業で実際にやってみたように、
戦略的に短期間で計画を練ることは、防災のように喫緊の課題に対応していく際の
1つのフレームワークとして有効ですね。

IMG_1198.JPG

イメージマップの完成度も高く、
授業実践力向上コースの院生たちにも見せたい出来栄えでした。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 13:00| Mコース

2018年06月28日

第2クォーターの木曜日

第2クォーターの木曜日は、授業が詰まっています。
授業実践力向上コース2年生は、
授業実践実習Aで実施した授業のデータを分析するための
基本的な分析手法について学習する教職ゼミを行いました。

IMG_2930.JPG
この日はテキスト分析についてのソフトを活用。
実習中の授業場面を文字起こししたデータを使用して
実際に分析してみました。

IMG_2928.JPG

午後からは、授業実践力向上コース2年生は、
学校改善マネジメントコースの1年生と一緒に授業を受けます。
「基礎基本学習指導法」の授業です。
学力テストを活用した授業と漢字の授業について、担当の深澤先生が実践しながら教えてくれています。

IMG_2936.JPG

わざわざ学テ問題を取り上げなくても、教師がどのような力を育成したいのか、について意識的に指導することで、
普段の授業の中でも学テの対策として取り組む事ができることについて
学習できましたね。
IMG_2933.JPG
実物教材も用意されており、
深澤先生の教材研究にかける情熱は、いつも深くて熱い!
学校改善マネジメントコースの先生方も、感銘を受けていました。
もちろん、授業実践力向上コースの2年生にとっては、参考にしたい指導技術ばかりだったはず。
1つでも多く学び取って、自分の指導に生かしてほしいですね。



posted by 和歌山大学教職大学院 at 16:00| 授業(TとM共通)

2018年06月26日

月曜日の実習風景(授業実践力向上コース1年生)

月曜日は、授業実践力向上コースの1年生が
初任者研修プログラムに参加している受講生の学校で
実習をさせてもらっています。

8170955521210rep.jpg
初任者の授業を参観。

8170955475864rep.jpg

そして、放課後はカンファレンスを実施します。
8170955636987.jpg

初任者の授業改善への取り組みを見ながら
実習生は授業の見方について、視点を獲得し
どのように改善していくべきかの方向性について学習します。

そろそと
実習先で授業をさせてもらう1年生も出てきました。
これから本格的に授業づくりを実践に移していくことになります。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 15:00| Tコース