2020年11月26日

三重大学の複式実習の報告会に参加しました。

三重大学の教職大学院で実施している「東紀州実習」の報告会に
オンラインでオブザーバー参加しました。

今年度中には、
和歌山大学教職大学院の「小規模校実習」の成果報告会と
三重大学の「東紀州実習」の報告を、合同で行おうという計画があるため
その準備も兼ねてのオブザーバー参加になりました。

三重大学教職大学院のこの実習では
ウチとは異なり現職派遣の院生もこの実習に参加しているようです。
DSC_0622.JPG
教員がオブザーバー参加している様子。
DSC_0625.JPG

どのような意図の実習なのか
お互いに理解しておかなければならないなと感じました。

今後、どのように成果報告会を行うのか
検討していく必要がありそうです。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 14:30| 活動報告

2020年11月16日

小規模校実習を実施しています。

授業実践力向上コースの1年生は、11月は小規模校実習のため
串本町と古座川町の小学校に2週間の実習に行っています。

今日は、その中の
古座川町立明神小学校の小学校6年生の3人と
オンラインで大学とつないで
理科の地層について、遠隔授業を実施しました。
13039239151387.jpg

明神小学校の6年生たちがフィールドワークに行った際に
実際に見学したフェニックス褶曲などについて
感じた質問に、大学の専門家がオンラインで答えました。
13039309106344.jpg
地層がなぜ「しましま」になるのか、動画を見せて説明したら
大学側のネット環境のせいで、通信が途切れました・・・onz

13039309158442.jpg
さらし首層がまるくなっている理由は
海溝で小さいものが核になって、
雪だるまが転がって大きくなるように
核になり、そこに他の堆積物が集まって塊になり
まるい地層になったのです。
という解説を、大学からしました。

串本町には、ジオパークになっており
橋杭岩が有名です。
https://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/wakayama/hasiguiiwa.html
ジオパークセンターもできたので、東牟婁地域の小中学生には
実物を見ながら学習できる環境にあります。
実際に見学したことがある橋杭岩のできた由来について
最新の研究からわかった解説を
オンラインで聞いてもらいました。

教訓。
オンラインで遠隔授業するとなると
設備が非常に重要ですね。
事前に打ち合わせも必須だとわかりましたね。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 15:05| Tコース

2020年10月30日

大学院生の全体ミーティングと対面での課題分析

大学院の授業も、後期も基本はオンラインかオンデマンドなのですが
大学院の引っ越しも終了し、ある程度片付いたので
新しい大学院フロアの紹介と、使い方の解説などを行うミーティングを実施しました。

まず、授業実践力向上コース2年生から
院生室の使い方や院生同士で分担している役割(係)について
説明がありました。
12941979893028.jpg
わかりやすいようにスライドを作ってくれていました。

その後、小グループに分かれて
フロアの各教室の使い方について説明するツアーを行いました。
12941979969276.jpg

自分が使えるデスクもくじ引きで決めました。
12941979865908.jpg
パーテーションも立てて、準備万端となりました。

午後は、各コースに分かれて、「課題分析」の授業をおこないました。
授業実践力向上コースの「課題分析」の様子。
12941979782759.jpg

学校改善マネジメントコースの「課題分析」の様子。
12942071848080.jpg

スペシャリストコースの「課題分析」の様子。
12942071872155.jpg

初めて、3コース同時に対面で授業を行いました。
新フロアがフル稼働すると、こういう感じなんだな、と新鮮です。
対面で授業を行うと、
色んな情報が伝わりやすいなぁと院生たちも実感しているかもしれません。

しかし、全国的・世界的には新型コロナ感染者は増加しており
油断大敵です。
この日の実施も、消毒や手洗い等、気をつけながらの実施となりました。


posted by 和歌山大学教職大学院 at 14:37| 活動報告